井出塾

IDEcator

IDEcator
  • よきIDEcatorであるために
  • わたしたち講師陣も努力しています。

国の「脱・知識偏重型入試改革」により、
いま教育の現場は大きな変革のなかにあります。
井手塾では講師自らもつねに学ぶことでこれからの時代に必要な教育のスキルとよりよい「人育て」のための心を磨いています。

模擬授業
井手塾では、講師同士が講師役、生徒役となり、模擬授業を行っています。生徒役の講師が授業を採点し、良い点を評価、改善点を指摘しあいます。新人講師の場合は合格点を取らないと、井手塾で教えることはできません。
教科部研修
教科ごとにマンツーマン面接を行い、授業内容を確認。
キャリアアップ面接も随時行います。
マネジメント研修
「コーチング」や「プレゼンテーション」、「ハラスメント防止対策」など、スキルアップと意識向上のための研修を随時行っています。
検定受検 補助制度
講師が受ける英検、漢検、数検などの検定料を塾として補助しています。
企業グループとしての研修
井手塾は、企業グループ(大島グループ)の一員として、グループの企画する各種セミナーやワークショップに参加しています。
2019年上半期の事例
●講演「やる気を出す魔法の言葉がけ “ペップトーク”」
● セミナー「誰一人取り残さない」世界実現のための持続可能な開発目標SDGs
●研修会「マインドフルネス」
企業グループとしての研修
  • IDEcator
  • IDEcator
  • IDEcator
  • IDEcator
  • IDEcator
  • IDEcator
  • IDEcator

講師紹介

  • 経塚裕子

    経塚裕子

    <担当科目>
    小6中等対策作文 小・中学生国語

    経歴
    中学、高校で体育教師を経験したあと井手塾に。井手塾講師としては20年以上の経験あり。
    得意なこと
    スポーツ(球技は大の苦手!)
    性格
    凝り性の飽き性。新しモノ好きで繰り返しが嫌い( ノД`)
    生徒や保護者に向けてのメッセージ
    頑張って通ってきてくれる皆さんのパワーに触れ、教えること以上に毎日たくさん学ばせてもらっています。「わかった!」「できた!」と喜んでくれる皆さんの反応こそが私の元気の源です。世の中には様々な学習ツールがありますが、ライブ授業ならではの、生徒の皆さんを主役とした活気あふれる授業を今後も進めていきます。
  • 田邉耕平

    田邉耕平

    <担当科目>
    小・中学生英語

    経歴
    大学卒業後、首都圏の学習塾へ就職。2009年より井手塾に勤務。井手個別マネージャーを経て、2014年から直江津教室の教室長として勤務。
    得意なこと
    スノーボード
    努力していること
    授業や面談、各イベントへの万全の準備
    生徒や保護者に向けてのメッセージ
    中学生の頃、私も井手塾直江津教室に通っていました。まさか自分が通っていた塾の教室長になるなんて当時、考えてもいませんでした。将来は何が起こるかなんて予測できませんが、将来に向けて今できることを今頑張ることは誰にでもできると思います。その今を大切に、ご縁があって出会えた生徒さん、保護者の皆様のお力になれるようサポートしていきたいです。
  • 伊達桂子

    伊達桂子

    <担当科目>
    英語 国語 政治経済 小論文 面接対策

    経歴
    国立大学法学部卒、社会人向け速読スクール講師、法律事務所勤務を経て井手塾へ。在職中、経営学修士号を取得。
    得意なこと
    速読、生け花、時短料理
    努力していること
    運動(ヨガ、クラシックバレエ)、語学学習
    生徒たちへの思い
    一人一人、能力や強みは違います。生徒さんの個性に合った指導を心がけています。
    生徒や保護者に向けてのメッセージ
    変化の激しい時代、学習を通じて生徒さんの可能性を広げるお手伝いをしたいです。
  • 各教科担当より
    萩野先生

    国語部主任

    萩野先生

    生徒や保護者に向けてのメッセージ
    言葉はコミュニケーションの基本=礎です。
    また、読解問題は特別なトレーニングが必要です。そのため、授業では「解答の根拠」を重視しています。また、漢字・文法のほか、先生と生徒の対話も「国語力」向上につながると考えています。教室で、キミを待っています。
  • 水野先生

    数学部主任

    水野先生

    生徒や保護者に向けてのメッセージ
    井手塾の数学の授業は、「真の実力を身につけさせる」ことを目指しています。それは、ただ単に計算するだけではありません。簡単には分からないことも、考えて考えて悩んで悩んで答えを自ら導き出すこと、生徒が「わかった!」「出来た!!」を実感することが、勉学のみならず人としての成長につながるという想いで指導しています。
  • 五十嵐先生

    英語部主任

    五十嵐先生

    生徒や保護者に向けてのメッセージ
    集団授業の英語は、基本的に予習型になります。
    その中で単語や文法の習得、教科書本文の読解、さらには基本から応用まで様々な受験対策も行っています。
    自分の学校という枠を飛び越えて、競い合える仲間・ライバルがいる環境の中で、いっしょに頑張ってみませんか?

ページの先頭へ